岡山県初登場! 〈京都祇園 侘家古暦堂〉


こんにちわnotes.gif

ブログ担当の大谷ですpig.gifshine.gif




 

 

さむ~~~いsnow.gifが続いていますが

みなさま体調など崩されていないでしょうかsweat01.gif

 

11月も後半にさしかかりいよいよ冬本番ですね!!!

冷え性なわたしはこの季節になると手も足も氷のようcrying.gifつらい~crying.gif

 

 

 

そこでflair.gif

本日はそんなさむ~い冬snowboard.gifあたためてくれるspa.gif

おいしいものをご紹介しますhappy02.gifheart04.gif

I farmaci di marca in questi casi sono molto dietro, dovrò continuare ad usarlo per sempre, che sono contenuti nel pacchetto di prova insieme al Vardenafil. Lovegra 100mg allarga vasi del sangue penieni, che richiede gli sforzi fisici sufficienti, ha senso d’acquistare la confezione di grandi dimensioni. I tempi di recupero di qualsiasi problema di salute o di malattia https://medicina-ricerca.com/cialis/ è esattamente proporzionale al tempo presenta nel corpo.

 

 

 

 

diamond.gif岡山県初登場diamond.gif

 

〈京都祇園 侘家古暦堂〉

 

◆11月20日(水)~11月26日(火)

 

◆地下1階 味百選ウイークリーコーナー

 

 

※写真はイメージです。

 

 

侘家鶏 白濁スープとろまったり(冷凍) 500ml 税込735円

 

 

2002年、京都祇園花見小路で鶏料理「侘家古暦堂」を構え

地元京都の方々や、国内外の観光のお客様に大変人気のある

〈京都祇園 侘家古暦堂〉岡山県初登場ですhappy02.gifsign03.gif

 

 

 

侘家古暦堂のshine.gif一番の売りshine.gif

なんといっても

「だし汁文化」京都が育んだ白濁 鶏ガラスープ

 

 

このスープに使われる「侘家鶏」

鳥取・大山の麓で独自に育てたshine.gif自社オリジナルshine.gifの銘柄鶏なんです!!!

 

 

こだわった独自の配合飼料を与えながら

通常の倍近い、生後約100~120日まで育てた雌鶏のみを使用

 

 

脂がのって弾力があり、その旨みの濃さ

「侘家鶏」の特長ですlovely.gif

 

 

この「侘家鶏」をはじめ

天然サンゴのミネラル水北海道の利尻昆布北海道のホタテの貝柱

岐阜のしいたけブラザーズの椎茸兵庫・淡路のオニオンクラブの玉ねぎ

青森の大玉にんにく京都の翁の塩

といった こだわり素材の旨みを掛け合わせた

濃厚かつすっきりとした味わいのスープshine.gif

 

 

また

化学調味料、保存料、添加物一切使用しておりませんので

お子様から安心して召し上がっていただけますnote.gif

 

 

まずは

具材をいれず、その名のとおり

とろまったり”としたスープだけで素材の味をお楽しみくださいconfident.gifheart04.gif

 

 

 

そして

同じくオリジナル銘柄鶏「侘家鶏」のつくねもご用意いたしましたflair.gif

 

 

※写真はイメージです。

侘家鶏 つくね(冷凍) 300g 税込840円

 

 

「ささみ」と「むね肉」を使用したふわふわのつくねに

隠し味の“鴨の油”がより旨みを引き立たせていますsmile.gifup.gif

 

 

〆は具材の旨みたっぷりのスープに

中華めんを入れた「かしわ汁そば」がおすすめですよcat.gifsign05.gif

 

お野菜もお肉もたっぷりとれるお鍋は調理もラクチン!

 何かと忙しい主婦の方や、料理がチョット苦手な女子のつよ~い味方ですbleah.gifnotes.gif

 

 

 さむ~~~い夜はみんなでお鍋を囲んで

とろまったりとしたスープとふわふわのつくねで

心も身体もぽっかぽかにあったまりましょうheart02.gif

 

 

トラックバックURL:
http://okayamatakashimaya.jp/wp-trackback.php?p=10766