おかやま理大フグ 初入荷


fastfood.gif こんにちわ。食料品担当のモッチーです。

 

下の写真を見て、sign02.gif 。。。金魚(淡水魚)とフグ(海水魚)が同じ水槽で泳いでいる。。。sign02.gif

岡山駅中にも同様の水槽が展示されているので、すでにご存知の方も多いはず。                             秘密は水槽の水。これこそ岡山理科大学 山本 准教授が発明した『好適環境水』。                             この水を使用すれば真水をつかって海水魚を育てることが可能なんだって。                                

この世界初の技術をつかって養殖したトラフグ(名づけて「おかやま理大フグ」)約50尾が、                                    7月28日岡山市中央卸売市場に初出荷されました。                                                   タカシマヤ岡山店でも販売するべく、午前4時からのイベントに参加してきました。

 

↑競り前に並べられた「おかやま理大フグ」。                                                       通常の養殖フグに比べ、金色っぽいのが印象的でした。

↑競り前風景。たくさんのマスコミが来られていました。                                                          地元大学による”初づくし”で注目度は高い!!                                                   今後、山本准教授の提唱する「内陸養殖」として、新産業創出にもつながる可能性も。。。 

 

競りの前に、試食会があり、”てっさ(造り)”をいただきました^^                                         味は。。。コリコリとした食感も従来養殖品と比べても遜色なく、おいしかったですhappy01.gif                      

一般的に、フグ=”冬”・”鍋”のイメージが強いですが、                                             将来的に安定供給が可能になれば、                                                                              ”より安価に”、”年中食べられる”ようになりそうです。                                                   もみじおろし&ポン酢でさっぱり食べられるから、”てっさ”って夏向きだと思います!!。

 

午前4時40分過ぎ。競りがスタート!!                                                       。。。っと5分も経たぬ間に次々と競り落とされていきました。

初づくしでのご祝儀相場もあり、旬時期の従来養殖品と比べ約2割高の値がつきました。                        

 

当店では、当日28日(木)・翌日29日(金)の2日間 各日2尾計4尾を入荷。                                              てっさ(1パック)税込980円、アラ(1パック)税込1,500円ほかで販売し完売致しました。                           

価格は従来商品並にあわせたので、                                              相場価格からすると、とてもお買い得だったんですよ! お祭りですからね^^

売場で何台ものTVカメラがまわる中、お買上げいただきましたお客様ありがとうございました。                                                                                                    

次回出荷は、9月頃を予定されているようなので、                                               食べ逃した方は次回の入荷を是非お楽しみに!!                                                  

トラックバックURL:
https://okayamatakashimaya.jp/wp-trackback.php?p=2346