梅干しを漬けよう その③


梅干し 漬け方 作り方

こんにちは。チャイです。

涼しくなったり暑くなったりしつつ、徐々に秋が来ていますねー 

 

さて、前回は赤しそを入れましたが、今回はいよいよ最終工程の干す作業です!

一般的には梅雨明けの土用のころに行うようです。。今年はちょっと梅雨明けが早かったですね。

雨が降るとカビの原因になるので、天気予報と相談して3日間ほど晴天が続く日を選んでくださいねー

 

さて、梅はどうなっているでしょうか。。。

梅干し 漬け方 作り方

梅酢が綺麗に赤く染まっています!

 

中身を取り出すとこんなです。

梅干し 漬け方 作り方

まだ梅は真っ赤ではなく、ベージュ~うっすらピンクくらいでしょうか?

でもこれで大丈夫です。しそも一緒に干すので、水分を絞っておきましょう。

 

梅と赤しそを風通しのよい場所に広げて干します。

通気性が良ければ竹ザルでも何でも良いのですが、僕は例の青い干しカゴ(うちの実家の辺りでは、一家に一つ必需品でした。。。)を使用しました。

虫やホコリが付かないので衛生的です。

梅干し 漬け方 作り方

梅干し 漬け方 作り方

くっつかないよう並べます。

この状態で丸3日、天日と夜露にさらします。均等に干せるよう、毎朝梅の表裏を変えてあげてください。

これで旨みがぎゅっと濃くなるんです!

 

3日目の夜、こんな風になりましたー

梅干し 漬け方 作り方

梅は水分が程良く抜けた状態です。

(ちなみに、僕はこの状態で食べるのが好きです。昔おばあちゃんが干しているのをつまんでいました。歯ごたえがあって美味しいです)

赤しそもカラカラに乾いています。この状態ですり鉢ですると、『ゆかり』ができます!

 

そして、この梅を梅酢の中に戻し、しばらくなじませて・・・遂に完成ですー

 梅干し 漬け方 作り方 お弁当

すぐでも食べられますが、半年くらい置いた方が味が馴染むようです。。

しそが綺麗に発色してくれました。赤いなあ。。。

 

そして、梅干しを漬けている一番の理由はもちろんこのためです、、↓↓

 梅干し 漬け方 作り方 お弁当

そう、お弁当に入れるため。

梅干しを入れると、お弁当が傷みにくくなると言われています。美味しいだけではなくて理にかなっているんですね~。

見た目も鮮やかになるので食欲も沸きそうです。しかし今年のは大きさと色のせいか、存在感が凄い。

今日のおかずは鶏ささみのごまマヨネーズ和えと、ピーマンのオムレツ(豆板醤を混ぜた、辛いケチャップ付き)です。

 

 

 

いかがでしたか?梅干しの漬け方を3回にわたってご紹介してきましたが、意外と手間も少なくて簡単ですよー

「ちょっと来年は漬けてみようかな」と思われた方は、ぜひ岡山タカシマヤ・台所用品売場まで☆

僕もおりますので、道具などについてご質問やご相談などあればお気軽にどうぞ!

トラックバックURL:
https://okayamatakashimaya.jp/wp-trackback.php?p=2452