10月1日はコーヒーの日です


こんにちは、チャイです。

 

あまり知られていないかもしれませんが・・・タイトルの通り、10月1日は『コーヒーの日』なんです。

なぜ10月1日なのかというと、、、

①9月でコーヒー豆の収穫が終わり、10月から次のコーヒー豆の生産が始まる節目だから

②日本では秋冬にかけ、コーヒーの需要が高まるから

という理由で、社団法人日本コーヒー協会が定めているのだそうです!

すごしやすくなってきたこの時期、コーヒーを淹れて一息つくのにちょうどいいですよねー

 

さて、僕はコーヒーを淹れるのが趣味のひとつなのですが、自宅にはこんな感じでコーヒー用の器具がいろいろありますー

コーヒーの日 コーヒー 淹れ方

手前左から・・・①ネルドリッパー(布製フィルター) ②ケメックス ③ペーパードリッパー ④エスプレッソメーカー

です。いちばんよく使うのは手軽なペーパードリッパーですが、休日など時間に余裕があるときはネルやケメックスを使います。

エスプレッソはアレッシィの「クーポラ」です。25年前のデザインとは思えない、斬新な形。あまり使いませんが、見た目が可愛いのでつい、、

 

右奥にあるのはカリタの電気ミル「ナイスカットミル」。

いつも均一に豆を挽いてくれる優秀なミルです。見た目もかっこいいです。

うちで一番大事なものはこれかもしれません、、、

コーヒーの日 コーヒー 淹れ方

ミルも色々な種類がありますが、こちらは喫茶店などで使われているプロ仕様を家庭用に小型化したもの。

小さなお店だと、こちらの方を使っているところもときどき見かけます、、

 

--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

さて。今日はネルでコーヒーを淹れてみます。

ペーパーと違い、コーヒー豆に含まれる“コーヒーオイル”を吸い取らないので、オイルを含んだコクのあるコーヒーが淹れられます。

お湯はいつもラッセルホブスの電気ケトルで沸かしています。。

火を使わないので安全です。こちらは旧型ですが、今はサイズ違いの新型がでています。

口先がドリップに適した形になっているので、そのままドリップに使ってもOKです!

 

 

しかし今日はちょっと丁寧に淹れるので・・・

沸騰したてのお湯だと熱すぎるので、ドリップ用の小さなケトルに移してドリップします。

これは映画「かもめ食堂」に影響されて買ってしまった小さなケトル。

案の定ドリップには適さないんですが、いいんです!かわいいから!!

コーヒーの日 コーヒー 淹れ方

最初は粉の上にぽたぽたお湯を垂らし、30秒ほど蒸らしたら徐々にお湯を注いでいきます。

粉がふんわり膨らむよう、細ーく注ぎます。。。

必ず、真ん中に小さな円を描くように。

このとき、コーヒー粉が周囲に壁のようになっていても、崩さないようにします。
(そうするとお湯が真ん中を通らないので、中心部にたっぷりある旨みが上手に抽出されません)

 

コーヒーの日 コーヒー 淹れ方

挽きたての豆だと、綺麗に泡が立ちます。いい香りがしますー

 

 

コーヒーの日 コーヒー 淹れ方

お湯が全部落ちるまで待つと雑味や苦みが出やすいので、分量が抽出できたらドリッパーを取ります。。

もったいない気もしますが、コーヒー豆の美味しい部分は最初の1/3くらいでほとんど出尽くしてしまうそうです、、

 

コーヒーの日 コーヒー 淹れ方

温めたカップに注ぎます。

 

できあがりー

コーヒーの日 コーヒー 淹れ方

おやつを買い忘れたので、急遽タネ落としドーナツを揚げました。。。

やっぱりコーヒーには甘いものですねー(本当はチョコレートがあればよかったんですが)

 

 

さて、ここから告知です♥

明日10月1日(土)、11時~17時まで6階台所用品売場にてコーヒーの試飲会を行います!

今回は『キューリグ』のコーヒーマシンを使用してのデモンストレーションとなります。

キューリグ

ハンドドリップも良いですが、忙しい朝などはコーヒーメーカーが便利ですねー

『キューリグ』は専用の“Kカップ”(挽いたコーヒーの入ったカプセル)を使用し、手軽に安定した味をたのしめます。

ぜひお気軽にいらしてくださいね☆

 

お問い合わせは。。。

岡山タカシマヤ 6階台所用品 ℡086-221-3839(代表)まで☆

トラックバックURL:
https://okayamatakashimaya.jp/wp-trackback.php?p=2681